プラネット ズー: 保護パックが 6 月 21 日に登場
DLC アップデート

プラネット ズー: 保護パックが 6 月 21 日に登場

飼育員の皆さん、こんにちは!

新展開!昨日の特別配信でお気づきになった方もいらっしゃるかもしれませんが、エキサイティングなお知らせです。次回の『プラネット ズー』のパックは、『保護パック』で 6 月 21 日に登場します。もちろん、アップデート 1.10 についてもお知りになりたいとは思いますが、とりあえず今回は、この夏登場するエキサイティングなコンテンツをご紹介しましょう!

世界的な動物園の保護活動に焦点を当て、新たに世界の危機種 5 種類と景観ピース 150 種類を追加しています!

世界最後の野生馬で、現在危機種に指定されているモウコノウマの雄姿に感動してください。ロシアと中国の国境地帯に生息する深刻な危機種のアムールヒョウが歩き回る姿を観察しましょう。インドネシアとマレーシアの保護区に生息する危機種で、テナガザルの中で最も大きいフクロテナガザルと思う存分触れ合いましょう。北アフリカに生息し、現在では野生絶滅種に指定されているアンテロープの仲間、シロオリックスと一緒に日向ぼっこを楽しみましょう。そして最後に、チャルコ湖とソチミルコ湖に生息し、深刻な危機種に指定されているメキシコサンショウウオです。

Conservation Pack - Przewalski's Horse

ビルダーの皆さんにとっても、嬉しいコンテンツが盛りだくさん! 150 種類以上の景観アイテムが新たに追加されています!

保護活動の対象は、単に動物だけではありません。それを反映し、このパックには植物関係のアイテムがたくさん含まれています。単一栽培や天然水資源の枯渇などの影響で、植物の保護は非常に重要な問題となっています。保護活動のこうした側面にスポットを当てるため、トマト、イチジクの木、チョウセンゴヨウなどの枝葉のピースを追加しました!キンポウゲ、フランスギク、ヒナゲシといった草原に咲く花を一面に咲かせることもできます!

さらに、木製スラットのオフグリッド ピース、3D プリントされたコンクリートの壁、草でできた屋根のタイルなど、セルフサステナビリティをテーマにした様々な景観ピースや、熊手、ホース、手押し車など、舞台裏の装飾用アイテムも手に入れることができます!

Conservation Pack - Scenery

皆さんも保護活動に取り組みたくなってきませんか?新しいタイムアタック シナリオで挑戦してみてください!タートルロック野生動物保護施設を訪れ、多くの動物を救助し、リハビリを施し、記録を取り、野生に戻すことに挑戦ましょう。サステナビリティと教育も、このシナリオでは大きな部分を占めています。再生可能エネルギーで電力を供給し、さまざまな植物を栽培し、来園者が情報を得ることができる教育エリアをたくさん用意する必要があります。

プラネット ズー: 保護パックは、6 月 21 日よりSteamにて £7.99 ($9.99、€9.99) で購入可能です。配信開始時に通知を受け取りたい場合は、Steam のウィッシュリストに追加しましょう!ただし、プラネット ズー: 保護パックをプレイするには、プラネット ズー本編が必要ですので、ご注意ください。

先ほども述べた通り、アップデート 1.10 の最新情報もまもなくお知らせします。また、発売までの間、公式のソーシャルメディアでは、本パックで入手可能な動物や景観の一部を確認したり、一緒に自然保護について学んだりすることができます。

皆さんが本パックで最も興味があるのは何ですか? 追加される動物ですか? それとも植物ですか?ご意見をお聞かせください!

最新情報をゲット

「プラネット ズー」に関する最新情報とアップデートをいち早くゲットしよう。

このフォームを表示するには、Cookie 同意設定を更新してマーケティCookie にを有効してください。

Cookie の同意を更新または変更する